自転車で転倒

近所のスポーツクラブで月8回プランを契約しているが、

今月はいろいろあって、1回分がまだ行けずに残してしまった。

昼から台風くるけど、休みかな?それとも午前中くらいはやってるかな?

と、いちおう一式準備して朝から確認に行った。(貧乏根性)


近づくと自転車置き場は空っぽ、入口には貼り紙。

明らかに休館だけど、いちおう貼り紙を読んで帰ろうと、

自転車に乗ったまま入口に近づいた途端、入口の前の坂でスリップして転倒した!

ハンドルきろうとしても、たたんだ長い傘の先が前輪にはいって、

ロックされた状態になってどうしようもなかった・・・


人工をいれてる右足が下になるから、とっさに右膝と右肘で必死でささえて股関節をかばった。右膝はまともに直撃だった・・・。お皿、完全にやられた・・・と思った。


通りがかりの人に助けられて、何とか立ち上がれた。

そこへ、いつもプールで会うおじさんが到着。

気付いてないようだから、何も言わずに、母を迎えに行きまーす!

と、平然を装ってその場をヨロヨロと立ち去った。


台風前の買い出しで混雑するスーパー・・・

酸素ボンベの押し車の母の荷物を持って帰ってあげたかったけど、

人混みで見つけられなかった。

痛みがひどくなってくるし、諦めた。


帰宅して自分の姿を見ると、案の定。。。の惨状。

右膝は、まるでおでこのタンコブのように、おもちのように腫れあがっていた。

右肘は、カーデガンが破れて、内出血の上にすごい擦り傷。ズルむけ、って感じ。

両手のひらと、両手のあちこちの指も擦りむいて、出血していた。

気が動転しながらも、ネットで膝の応急処置のしかたを探して、書いてあるとおりにした。

膝は氷で冷やして、足を高くあげて、安静に。

右肘の痛みはだんだん増してくるから、やけどの時みたいに、薬を塗ってラップして包帯をまいてみたら、やっぱりマシになった。


結局、膝のタンコブは、5時間くらい経ったら、あれよあれよという間に引いて楽になった。

触ればもちろん痛いけど歩いても響かないし、これなら病院に行かなくてもいいかも?と様子を見ることにした。

あれだけ強打しても、無事だなんて・・・骨密度低めのはずなのに、スゴイ。




Kaorin’s備忘録

障害年金受給まで

0コメント

  • 1000 / 1000