街角の年金相談センター4

申立書の下書きを見てもらいに行って来た。

1.生まれてから順に書いてた→初診日頃から開始して本紙とする。
(とっくんさんは、続けて書くよう指導されたらしいので真似たが、×と言われた)
2.生まれてから初診日頃まで→「参考」として添付。これ用に、やっと別紙をくれた。
3.退職を繰り返してることばかり書いている→病状と困ってることをもっと詳しく
4.「参考」分は簡単でよい。「人工しか他に道がなかった」という表現を削除。


本紙に、これ以上書くことが増えると手書きでは枠に入らないから、またまた年金機構のサイトを訪問。
あった、あった〜申立書の雛形。PDFとエクセルと両方あったからエクセルを選択。

消しゴムのくずだらけから解放されて助かる!がんばろ。













Kaorin’s備忘録

障害年金受給まで

0コメント

  • 1000 / 1000