街角の年金相談センター2

今度は待ち時間いくらでもOK状態で、乗り込んだ。

そしたら、黄色の封筒関連が落ち着いたのか、意外と空いていて待ち時間なし。


受付で、ちょっと嫌味をこめて「もらった書類が間違ってたので〜」って言ってやった。

罪のない受付の人が謝ってくれたが。


今日、当たった窓口担当者は、わりと若い女性。

あ、若い、今度も経験不足な人かも・・・アカンかも。

不安いっぱい。


案の定、最初は「あなたは国民年金」と連呼され続け、相手にしてもらえなかった。

それでも、やがて耳を傾けてくれて、それなりに調べてくれた。


「うーーーん、だけど、あなたは国民年金の過去2回の申請で、どんなに辛い状態だったかを申し立てている。社会的治癒を認めてもらいたい内容ではない。その人たちが通ったからといって、同じく通る話にはならない」

「過去2回の国民年金の書類と照合された場合、整合性がとれなくなります。そしたら、まずアウトです。覚悟はしておいてください」

「厚生年金で申請するなら、初診はNI診療室になります。そこが潰れて証明がとれないということなら、国立大阪への紹介状が残っていたら大丈夫です。まずは、国立大阪に行って、受診状況等証明書をもらってきてください。そこに初診の証明があって、NI診療室の紹介状のコピーが添付されていたら、それでけっこうです」

「とにかく、受診状況証明書を確認しないことには、次に進めません」

etc.


担当が誰になるか、それも私の運。

この人に次もお願いしようと思う。

自分から名刺をもらって、

これからもお願いしてもいいですか?他の方の対応をされていても待ちますので。

なんて、しおらしくお願いしておいた。


帰宅してから、その担当者から電話があって、ドキっとしたけど

「2回目の申請の時の受付票の年月日を教えてください。調べたいことがあるので」

とのことだった。ホっ。

よろしくお願いしますm(__)m






0コメント

  • 1000 / 1000